So-net無料ブログ作成

<殺人未遂>長男の左胸刺す 重傷負わせ母親逮捕…福岡(毎日新聞)

 福岡県警行橋署は5日、長男の左胸を包丁で刺し重傷を負わせたとして、同県行橋市行事7、無職女性(41)を殺人未遂容疑で緊急逮捕した。同署の調べに対し「長男を殺そうと思って刺した」と供述したが、動機は「話しても理解してもらえない」と話しているという。

 逮捕容疑は同日午前3〜4時ごろ、自宅アパートで、小学校3年の長男(8)の左胸を文化包丁(刃渡り約18センチ)で刺したとしている。睡眠薬を飲ませて眠らせた後、刺したという。

 同署によると女性は長男と2人暮らし。同日正午過ぎ、自ら「子供を刺した」と119番。救急隊が到着した際、長男は寝室に横になった状態で意識は鮮明ではなかったが、出血は止まっていた。傷は浅く、命に別条ないという。【降旗英峰、高橋克哉】

【関連ニュース】
裁判員裁判:公判で突然否認の被告に懲役10年 東京地裁
殺人未遂裁判:被告が突然、起訴内容を否認 異例の展開に
傷害:米兵の子供起訴 道路のロープで女性重傷 東京地検
裁判員裁判:起訴1年公判日決まらず 鑑定医の事故で延期
女児殺人未遂:「子どもを殺したかった」玉置容疑者が供述

10人不明の漁船沈没事故、船内で2遺体発見(読売新聞)
民主党新代表選出へ ちらつく小沢一郎の影(産経新聞)
民主党 政調会長に玄葉氏、入閣も内定(毎日新聞)
将軍の生活描いた浮世絵展、川崎で7日から(読売新聞)
<中国大使>丹羽氏起用で調整 伊藤忠商事相談役(毎日新聞)

“橋下派”外しで自・民・公が結束…大阪府議会(読売新聞)

 28日に行われる大阪府議会(112人)の正副議長選で、最大会派の自民(26人)が議長、民主(24人)が副議長ポストを獲得する見通しとなった。

 自民と並ぶ最大会派で、橋下徹知事を支持する新会派「大阪維新の会」(26人)がどちらのポストを得るか注目を集めたが、過半数を確保する自民、民主、公明(23人)の3会派が27日、非公式に協議し、大筋合意した。

 〈維新外し〉で3会派が結束した形だ。

 府議会の正副議長は、毎年5月議会の交代が慣例。議長ポストは、半世紀にわたって自民がほぼ独占してきたが、今年は、自民、民主などからの離脱組が4月に維新の会を結成。同会は最大会派に並んでおり、勢力図が一変。共産(10人)を含む5会派が議長取りに名乗りを上げる異例の事態となった。

 〈維新外し〉について、3会派の幹部の一人は「同会は知事と一体の会派。議会には知事をけん制できる枠組みが必要」などと説明。別の幹部は、23日投開票の大阪市議福島区補選で、同会が擁立した候補者が当選したことから「これ以上、維新の会を勢いづけたくない」と漏らす。

 一方、正副議長ポスト獲得が難しくなった同会は、既存政党の共闘に対して批判を強める。幹部は「うちは“談合”はしない。密室での議論でなく、府民に見える形で決着すべきだ」と訴えている。

個人情報記録のディスク紛失=相談者ら97人分入力―広島法務局(時事通信)
<訃報>門田圭三さん96歳=南海放送元社長(毎日新聞)
北方領土ビザなし訪問、実現危ぶまれるなか予定通り実施 入出域手続きで警戒も(産経新聞)
宝くじ発行停止を撤回 枝野行政刷新相と原口総務相が協議(産経新聞)
頭越しに地元反発、「強行なら成田闘争以上に」(読売新聞)

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。